• HOME
  • ルシアンについて

ルシアンについて

ABOUT LECIEN

現在、LECIENは株式会社ワコールホールディングスの企業として、「繊維」を軸に、レースをはじめ、インナー・ファッション・ファブリック・刺しゅう用品などで事業を展開しています。

ルシアンについて メインビジュアル

〜 レースを源に発展 〜

1933年、故野村直三が京都市にて日用雑貨品を輸入・販売する貿易会社を創業し、スイスやフランスからレースを輸入し始めたのがルシアンの始まりです。

社名「ルシアン」は、当時の主な輸入先であったフランスのルシアン・ギルバート社との取引で製品商標として使われていた名でした。

戦後1950年頃からレースの製造、販売を本格的に開始。
呉服屋育ちの社員のアイデアが生んだ2色染めのレースは、他の1色染めのものと比較して何倍もの値段で取引され、この製品によって当社レース事業の基礎が築き上げられました。

オールオーバーといわれる服地用の刺繍レースも当社が日本で初めて生産を行いました。

そして、1992年に社名を「野村株式会社」から「株式会社ルシアン」へと改称。

このようにレースを源に発展してきた当社は、今も品質の高さを重視しながら、ひとりでも多くの女性に喜んでいただける商品づくりを行っています。