コラム

COLUMN

2019.09.30

初心者向け | 刺しゅう枠の使い方

刺しゅう枠に布を取り付ける方法をレクチャー

刺しゅう枠は、主に刺しゅう布に張りを持たせて刺しやすくするための道具。刺しゅう枠を使うかどうかは好みによりますが、仕上がりがきれいにできたり、刺し縮みを防ぐこともできるので、1 つは持っていると便利な道具です。特に不安定な薄地のものやヨレヨレした布は、刺しゅう枠を使うと布が安定するのでグッと刺しやすくなりますよ。
でもこの刺しゅう枠、そもそもどうやって使うの? と思っている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、刺しゅう枠を初めて使う方のために、布の取り付け方をレクチャーしていきますね。

ネジを回して緩めると外側と内側に分かれます

1. ネジを回して緩めると外側と内側に分かれます
刺しゅう枠のネジを回すと、だんだん外側の枠が緩くなってくるので、取り外してください。ネジは回しすぎると土台の金具から外れてしまうので注意してくださいね。

 

2. 内側の枠のゴムはそのまま
COSMO の刺しゅう枠は、内側にゴムが付いています。これは布が滑るのを防ぐために付いている便利なものなので、そのまま外さずに使ってください。ちなみにゴムは天然素材のため、どうしても劣化してしまいます。スペアのゴムは単品でも売っていますので、切れてしまったら取り替えてくださいね。

 

内側の枠、布、外側の枠の順に重ねます

3. 内側の枠、布、外側の枠の順に重ねます
内側の枠(ネジが無いほう)の上に布を重ねます。布は、刺しゅうをしたい所が枠の中央にくるようにして、表側を上にして重ねてください。さらに、その上に外側の枠を重ねます。

 

外側の枠を押して布を挟みこみます

4. 外側の枠を押して布を挟みこみます
外側の枠を上からグッと押して布を挟み込みます。ネジの位置は真上あたりにくるようにすると、刺しているときに糸が引っ掛かりにくいのでおすすめですよ。

 

ネジを回して締めます

5. ネジを回して締めます
布が歪んだり、たるんでいたら少し引っ張って整え、ネジを締めます。タンバリンに例えると、革が張ってある面が表側になるので、上の写真なら手前に見えている面が表側ですね

 

刺しゅう枠がセットできました

6. 刺しゅう枠がセットできました
これでセット完了です! 枠をはめた部分はピンと張りがあって安定しているので、刺しゅうがしやすくなっています。

 

刺し始めは裏側から

7. 刺し始めは裏側から
針に糸を通し、玉結びなどをしてステッチスタート! 刺し始めは裏側から表に向かって針を出します。 右利きの方なら枠を左手に持ち、針を右手に持って刺し進めてくださいね。

 

みのり

※刺繍枠のご購入はこちら

  • この記事をシェアする